Researcher Talk研究トーク

シンポジウム1日目(10月17日)は、最新の研究成果を各機構の研究者がわかりやすく紹介する「研究トーク」を行います

タイムテーブル

  • 11:00 - 12:10
    研究トーク1

    • 開会挨拶

      西谷 大

      大学共同利用機関協議会会長/国立歴史民俗博物館 館長

    • 来賓挨拶

      杉野 剛

      文部科学省研究振興局長

    • 自然科学研究機構紹介

      坂本 貴和子

      自然科学研究機構 特任准教授

      宇宙、エネルギー、物質、人、そして生命。これらの研究テーマが総じて「自然科学研究分野」という壮大な研究分野を構成しています。講演では、自然科学研究の最先端を牽引し、国際的かつ先端的な研究を推進する、我々自然科学研究機構の5つの研究機関(国立天文台,核融合科学研究所,基礎生物学研究所,生理学研究所,分子科学研究所)と4つのセンター(アストロバイオロジーセンター,国際連携研究センター,新分野創成センター,生命創成探究センター)を紹介します。

      動画

    • 地上の太陽の実現に向けて -核融合研究の現状-

      小林 真

      核融合科学研究所 ヘリカル研究部 装置工学・応用物理研究系 助教

      地球上の生命は太陽内での核融合により生み出された膨大で持続的なエネルギーにより繁栄してきました。核融合科学研究所では、資源枯渇の心配がなく、環境負荷の小さい、大規模エネルギー源として、地上の太陽である核融合エネルギーの実現を目指し、理学、工学にまたがる幅広い学術研究を推進しています。本発表では、当研究所で進められている大型ヘリカル装置での研究成果を中心に、世界中で精力的に進められている核融合エネルギー開発の現状について紹介します。

      動画 質疑応答

    • ヒドリドが拓く水素の可能性

      竹入 史隆

      分子科学研究所 助教

      スイヘーリーベーでおなじみの水素。最も単純な元素に見える水素には、実はたくさんの謎があります。多くの物質の中では水素は正電荷を帯びたプロトン(H+)として存在していますが、負電荷を帯びたヒドリド(H–)となることもあります。このヒドリドを含むセラミックスが今、新しい機能性材料として注目を集めています。分子科学研究所でおこなわれている水素科学の最前線を紹介します。

      質疑応答

  • 13:00 - 13:55
    研究トーク2

    • 138億光年を加速器で旅する

      幅 淳二

      高エネルギー加速器研究機構 理事

      今日まで科学文明の展開は、10年を単位で進化するイノベーションではなく、世紀を節目とする基礎科学の変革を原動力としてきた。現代においてこの基礎科学の変革を担うのは、20世紀に人類が発明した加速器というツールである。高エネルギー加速器研究機構はそうした加速器科学の展開を、国際拠点として担っている。今日はそうした最先端加速器科学がもたらす、宇宙、物質、生命にまたがる基礎科学の展望を紹介する。

      質疑応答

    • やわらかな物質を加速器で観る

      瀬戸 秀紀

      物質構造科学研究所 副所長

      身の回りにはゴムやプラスチックなどの「高分子」やテレビやスマホ等の表示デバイスに使われる「液晶」など、やわらかな物質が溢れています。これらの物質は金属や半導体等の「固体」や、水や油などの「液体」とは一味も二味も違った性質を持っています。この「ソフトマター」と呼ばれるやわらかな物質がなぜそのような性質を持つのか、加速器で作った放射光や中性子を使って調べる研究を紹介します。

      質疑応答

    • ロボットによるWithコロナ時代の加速器実験

      平木 雅彦

      共通基盤研究施設 機械工学センター センター長

      共通基盤研究施設機械工学センターでは、機構内の多くのアクティビティの支援を行っているが、本講演では、構造生物学研究センターが行っているタンパク質結晶構造解析の自動化に対する支援について紹介する。フォトンファクトリーのタンパク質構造解析ビームラインでは、ロボットを用いた実験システムにより、コロナ禍においてもリモート実験、全自動実験によりほとんどのユーザーが来所することなく2020年6月期の実験を無事終えることができた。

      質疑応答

  • 14:10 - 15:05
    研究トーク3

    • 人間文化研究機構の紹介

      ロバート キャンベル

      人間文化研究機構 副機構長/国文学研究資料館 館長

      人間文化研究機構、機構を構成する6機関の紹介を行う。

       

       

    • 新型コロナウィルス(COVID-19)問題と気候変動問題
      ―「緑の回復」による同時解決へ―

      安成 哲三

      総合地球環境学研究所 所長

      人類活動に起因する「地球温暖化」は深刻な状況になりつつある。気候変動対策に関するパリ協定では、人類が生存可能な地球環境に抑えるため、2050 年までに世界全体のCO2 排出量をゼロにすることを目標にしているが、これまでの社会・経済活動を前提にする限り、達成は非常に難しい。一方で、今回の コロナ禍を受け、世界の多くの国で、感染の拡大防止のため、世界規模で人の移動と経済活動は大きくスローダウンした結果、増え続けてきた世界の CO2 排出量は、約3か月間で20%近くも減少した。今回のコロナ禍からの社会・経済の回復は、元の状態に戻すのではなく、半ば強制的に引き起こされた社会・経済の変化を契機として、より持続可能な新しい社会への転換へと飛躍できる「緑の回復(Green Recovery)」をめざすべきであろう。

      動画 質疑応答

    • 日本史のなかの疫病

      磯田 道史

      国際日本文化研究センター 研究部 准教授

      日本の感染症史を語る。西暦300年頃から百年前のスペイン・インフルエンザまでの歴史を、治療側の「医者史」でなく、感染患者の視点を重視した「患者史」となるよう語りたい。近代以前から日本の疫病は東アジア諸国の国境を相互に超えている。研究には国際的な視野が欠かせない。感染症が社会に与える影響や「感染・隔離・自粛」などの観念が日本列島で、いかに展開したかを史料からスケッチする。コロナ禍を生きる我々のヒントになれば幸いである。

  • 15:20 - 16:15
    研究トーク4

    • 情報・システム研究機構紹介

      坂口 広志

      情報・システム研究機構 理事・事務局長

      情報・システム研究機構は、「情報とシステム」というユニークな視点をキーワードに、4つの研究所が集まって誕生した大学共同利用機関法人です。

      当機構によく寄せられる3つの質問

      「どんな研究をしているの?」「大学とどうちがうの?」「なぜひとつに集まったの?」

      にお答えすることを通じて機構を紹介し、また展示の見どころをご案内します。

      動画

    • 意外と身近な “極値” の世界

      志村 隆彰

      統計数理研究所 数理・推論研究系 リスク解析戦略研究センター 准教授

      大規模な自然災害は近年その頻度が多くなり、大きな社会問題になっています。こうした自然災害は何十年に一度の巨大地震や猛烈な台風といった、極端に規模の大きい事象によって引き起こされます。つまり、滅多に起こらない反面、その影響がとても大きい事象です。このような現象を、数理の面から扱うのが、極値理論、極値統計学と呼ばれる分野です。この講演では、“極値”に関わる事柄を身近な例を交えながら紹介します。

      動画 質疑応答

    • 医療ビッグデータを用いたAI画像解析研究

      佐藤 真一

      国立情報学研究所コンテンツ科学研究系 教授/医療ビッグデータ研究センター センター長

      日本社会における未曾有の少子高齢化と経験豊かな専門医の不足は、医療サービスの質を維持する上で大きな課題となっている。国立情報学研究所 (NII) は、この課題を情報学の観点から解決するために、2017年11月に医療ビッグデータ研究センター (RCMB) を設置した。

      RCMB の活動は、(1) 医療画像を悉皆的に収集する医療画像ビッグデータクラウド基盤の構築と、(2) 人工知能 (AI) 技術を利用した医療画像の解析、を2つの柱とする。本講演では、当該センターの活動の概要を紹介する。

      動画 質疑応答

  • 16:30 - 17:00
    研究トーク5

    • 小惑星探査機はやぶさ2の地球帰還

      月崎 竜童

      宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所 助教

      今年12月に7年の宇宙航行を終え地球帰還を果たす小惑星探査機「はやぶさ2」の概要をご紹介します。さらに、開発、初期運用、小惑星Ryuguでの近接運用、地球帰還運用、およびオーストラリアで実施されるカプセル回収についてご紹介します。

      質疑応答

    • 総研大について

      長谷川 眞理子

      総合研究大学院大学 学長

      大学共同利用機関等、世界トップレベルの研究環境で学び、博士学位を取得し、研究者を目指す、そんなことができるのが、総合研究大学院大学(総研大)です。総研大の特徴や魅力について、お伝えいたします。

      動画

  • 17:00 - 17:05
    閉会挨拶

    • 閉会挨拶

      喜連川 優

      国立情報学研究所 所長

研究トーク質疑応答

各トークセッションでは、チャットで質疑応答の時間を設けています。
当日は、Zoom Webinar、YouTube Live、LINE LIVE で配信しますが、質問をしたい方は Zoom Webinar でご参加ください。
当日の接続方法は、開催1週間前をめどに参加登録いただいたメールアドレスにお送りします。

参加方法

以下、申し込みフォームより参加申し込みをしてください。
登録いただいたメールアドレスに、参加方法や入室パスワードを記載したメールをおくります。
メールに書かれた方法で、プログラムに参加してください。
参加方法についての詳細はこちら